SNS広告の代理店への依頼は効果あるの?おすすめの代理店【まとめ】

SNS広告おすすめ代理店
スポンサーリンク

「SNS広告代理店を活用する意味はあるの?」

「広告で炎上するニュースを見たから不安」

「SNS広告代理店が多くてを選ぶのが難しい」

SNS運用において、SNS広告代理店の効果や選び方が分からずに悩んでいませんか?

SNS広告代理店とは、SNS広告の出稿・制作・運用などを代行する企業のことを指します。

ブランドや商品、サービスの認知度向上や売上を伸ばすためには、SNS広告を活用することがおすすめです。

しかし、広告戦略や作成、分析などをすべてアカウント運用者が行うことは時間的にも労力的にも大変です。

そんな時に、SNS広告代理店を活用することで、効果的なSNS広告を打ち出したり、第3者の視点で戦略を立てたりすることができます。

この記事ではSNS広告代理店を活用することで得られる効果やデメリットについて解説します。記事を最後まで読めば、SNS広告代理店を選ぶ方法やおすすめの代理店ついても理解することができます。

ぜひ、解説を参考にしてSNS広告を効果的に活用しましょう。

目次

SNS広告代理店の5つの業務内容

SNS広告代理店とは、SNS広告の出稿・制作・運用などを代行する企業のことを指します。多くの企業では、1つのSNSだけでなく複数のSNS広告を取り扱っている場合が多いです。

ここでは、広告代理店が行う業務について以下の5つを紹介します。

  • 広告戦略
  • 広告の制作
  • 広告の運用
  • レポーティングと分析 
  • マーケットリサーチと競合分析 

それぞれの業務でどのような取り組みをしているのかを確認しましょう。

広告戦略

広告戦略とは、クライアントと協力してSNS広告を効果的に展開するための計画を立案することです。

広告の戦略での目標は、ブランド認知の向上や商品の売上向上などクライアントのニーズに合わせた戦略を考案することです。さらに、データ分析を駆使して過去のキャンペーンの成果を評価し、今後のキャンペーンに活かすアプローチを提案します。

こうした戦略の立案により、クライアントのSNS広告の効果を最大限に引き出し、成功へと導くことを目指します。

広告の制作

広告の制作とは、SNSプラットフォームに適したフォーマットやコンテンツを提供することです。

主にFacebookやTwitter、TikTokなど、各SNSの特性に合わせた広告素材を作成します。写真や動画、テキストなどのクリエイティブ要素を検討し、魅力的で効果的な広告を企画・制作します。

制作では、クライアントのブランドイメージやメッセージを考慮しながら、視覚的に魅力的でユーザーに訴求する広告を完成させます。

広告素材の質の向上は、広告のクリック率やコンバージョン率に影響を与えるため、クライアントの目標達成に向けて重要な要素となります。

広告の運用

広告の運用では、広告の配信状況やクリック率、コンバージョン率などのデータを活用してキャンペーンの成果を評価します。目的は、広告がどの程度効果的に配信されているかや、ユーザーの反応を把握するために、定期的にデータを収集・分析することです。

この分析結果に基づいて、必要な場合には広告の最適化を行います。

例えば、広告がクリックされる回数が少ない場合には、広告のメッセージやデザインを改善し、より魅力的なものへの変更が必要です。

また、コンバージョン率が低い場合には、ランディングページの改善やターゲティングの見直しを行い、ユーザーの行動を促す要素を強化します。

広告の最適化は、クライアントの目標達成に向けて重要なステップです。

常にデータに基づいた改善を行いながら、キャンペーンの成果を最大化し、クライアントの投資対効果を向上させることを目指します。

適切な運用と改善によって、広告活動の効果を高め、成功へと導くことができます。

レポーティングと分析 

レポーティングと分析では、定期的にレポートを提供し、キャンペーンの進捗状況や効果の詳細な分析結果を説明します。

例えば、毎月や毎週の定期的なスケジュールで以下のような項目に対する分析を行い、まとめたレポートをクライアントに提供します。

  • 広告の配信状況
  • クリック数
  • コンバージョン数
  • 広告費用

また、これらのデータを用いてキャンペーンの成果や効果を評価します。

クリック率やコンバージョン率などの指標を解析し、広告の効果がどのようになっているかを明確に示します。異なる広告メッセージやターゲティングオプションを比較検討し、どの施策がより効果的であったかを分析することが重要です。

このようなデータに基づくレポートと分析は、クライアントと代理店が共にキャンペーンの成果を把握し、次の戦略の改善に役立てるために重要です。

成果が目標に対して達成されている場合は、成功のポイントを共有し、今後もその方向性を継続・拡大する戦略を検討します。

逆に目標達成が難しい場合は、データを元に問題点を洗い出し、改善策を提案することが重要です。

このプロセスによって、キャンペーンの効果を最大化し、クライアントの目標達成に貢献します。

マーケットリサーチと競合分析 

マーケットリサーチと競合分析では、広告業界のトレンドや競合他社の動向をリサーチし、市場の変化に対応します。

広告業界は常に進化しており、新しい広告手法やプラットフォームが登場します。そのため、最新のトレンドをリサーチし、クライアントに最先端の広告手法を提案することが重要です。

市場の状況や顧客のニーズを把握するために、市場調査を行います。顧客の行動や好み、競合他社の市場シェアなどの情報を収集し、広告戦略に反映させることが重要です。

また、クライアントのターゲット市場におけるトレンドや行動特性をリサーチします。これにより、ターゲット層に合った広告メッセージやアプローチを提案し、効果的な広告展開を実現できます。

広告代理店は、マーケットリサーチと競合分析を行うことで、クライアントの競争力を強化し、市場での成功を追求します。これにより、クライアントの目標達成に貢献し、市場での地位を確立します。

SNS広告代理店を活用する5つの効果

SNS広告代理店を活用することで得られる効果について、以下の5つを紹介します。

  • 若い世代への宣伝効果がある
  • ターゲットを細かく設定できる
  • 潜在顧客にアプローチできる
  • 拡散効果がある
  • 費用対効果が期待できる

SNS運用や商品販売などにどのような効果があるのかを確認しましょう。

若い世代への宣伝効果がある

10代から30代くらいの若い世代はSNSを非常に頻繁に利用しているため、SNS広告は特に効果的です。実際に、若い世代は情報を得る際にGoogle検索よりもSNSでの情報収集を積極的にしている傾向にあります。

SNS広告代理店を活用すると、インスタやTikTokなどの人気プラットフォームで、ターゲットに直接リーチできます。若者たちは日常的にSNSを利用しているため、ブランドの広告を目にする確率が高まります。

さらに、彼らが興味を持つ可能性が高い関連コンテンツとマッチさせることで、広告の効果が向上します。

SNS広告代理店の活用は若い世代への宣伝効果を高める有効な手段と言えます。頻繁にSNSを利用している世代に向けて、SNS広告を活用した戦略的な広告キャンペーンを展開していきましょう。

ターゲットを細かく設定できる

SNS広告は、高度なターゲット設定が可能です。広告主はユーザーの年齢や居住地、興味関心のジャンルなどの情報を活用して、広告を細かくターゲットに絞り込むことができます。

ターゲットを設定により、広告がより関心を持つ対象者に効果的に届けられます。結果として、広告のクリック率やコンバージョン率が向上する可能性が高まります。

また、無駄な広告費を削減することができるため、広告主は効率的な広告キャンペーンを実施できるという利点もあります。

SNS広告のターゲット設定の柔軟性は、特定の目標を持つ広告キャンペーンの成功に導きます。

潜在顧客にアプローチできる

SNS広告は、潜在顧客に対して効果的なアプローチができます。なぜなら、SNSを何気なく見ている人に対して興味を引くコンテンツを表示させることができ、その結果広告に対して興味を引き出しやすいからです。

例えばユーザーが旅行やリゾートに関連する投稿を見ている場合に、関心を惹きつけるような旅行に関する広告をタイムリーに表示させることができます。この方法により、ユーザーは自然な形で広告にアプローチされるため、抵抗感が少なく興味を持ちやすくなります。

さらに、SNS広告では、ユーザーの行動履歴や興味関心に基づいてターゲティングが行われることがあります。たとえば、ユーザーが特定の商品やサービスに関心を持っている場合、それに関連する広告が表示されます。

このようなターゲティング手法により、潜在顧客に対して広告がよりパーソナライズされ、受容性が高まるのです。

SNS広告はユーザーが自然な形で広告に接するため、広告の効果が高まり、潜在顧客を顧客に変える可能性が高いです。

拡散効果がある

SNS広告は、拡散効果が高いメリットがあります。なぜなら、ユーザーがSNSの「いいね」や「シェア」機能を活用することにより、広告主は追加の広告費をかけることなく広告が拡散される可能性があるからです。

また、SNS上のインフルエンサーが広告をシェアしたり、宣伝したりすることもあります。インフルエンサーは多くのフォロワーを持っており、彼らの投稿が多くの人々に見られるため、広告主はインフルエンサーの力を利用して、効果的な拡散が実現できるからです。

ユーザー自身が広告を共有し、インフルエンサーの力を借りることで、広告主は広告の露出を増やし、ブランドや商品の認知度を高めることができます。そして、これらの拡散が顧客の獲得や売上増加に繋がる可能性があります。

費用対効果が期待できる

SNS広告は、費用対効果の高い運用が期待できる広告媒体です。その理由は、SNS広告の課金方式が主にクリック課金型であるためです。広告画像や動画が表示されても、ユーザーがそれをクリックしない限り、広告費が発生しない仕組みとなっています。

さらに、SNS広告では広告の効果をリアルタイムでモニタリングできることも費用対効果を高める要因です。クリック数やコンバージョン率などのデータを即座に分析できるため、広告の成果を把握し、必要に応じて戦略を最適化することが可能です。

SNS広告はクリック課金型の仕組みを通じて、広告の対象者に限定された費用で効果的にリーチできるため、費用対効果の高い広告手段と言えるでしょう。

SNS広告を活用する3つのデメリット

SNS広告を活用するのは、メリットだけではありません。ここでは、SNS広告のデメリットについて、以下の3つを紹介します。

  • 費用がかかる
  • ノウハウが蓄積されない
  • 炎上する可能性がある

SNS広告はデメリットも理解したうえで、活用するようにしましょう。

費用がかかる

SNS広告代理店を利用するためには、広告運用費用に加えて委託費用がかかります。通常の広告運用費に加えて、代理店への手数料が発生するため、広告予算を考慮する必要があるからです。

SNSは多くの企業や個人が広告を出しているため、特に人気のSNSでは広告スペースの競争が激しくなっています。その結果、広告の表示頻度を高めるためには広告費用を増やす必要になる場合があります。

SNS広告代理店を活用する際には費用面や競争状況を注意深く考慮し、適切な広告戦略を立てることが重要です。

ノウハウが蓄積されない

SNS広告代理店が業務を担当している間に、社内の従業員は広告運用についての経験や知識を十分に得ることができないため、広告運用のパフォーマンスが低下する可能性があります

社内に広告運用のノウハウが不足することで、広告キャンペーンの最適化や効果測定が難しくなり、結果として広告の成果が十分に引き出せなくなります。

内製化を検討する場合、社内のスタッフが必要なノウハウを獲得するための教育やトレーニングを行いましょう。

炎上する可能性がある

広告内容やサービスを肯定的に捉えてくれるユーザーだけに、広告がリーチされるとは限りません。ちょっとした広告表現や文言が注目を集め、予期せずして炎上する可能性があります。意図しない状況でも、見込み顧客に対してマイナスイメージを与えてしまうことがあります。

例えば、ある企業がSNS広告を使って新商品を宣伝する際に、広告のコンテンツが一部のユーザーによって誤解され、批判や非難が広がってしまうケースが考えられます。このような炎上は、ブランドや商品に対するイメージを傷つけ、広告の効果を損なう可能性があります。

このリスクを軽減するためには、SNS広告を効果的に配信するために、広告コンテンツに問題がないかを丁寧にチェックすることが重要です。広告の表現や文言を慎重に選び、広告が誤解を招かないようにすることで、炎上のリスクを最小限に抑えることができます。

SNS広告代理店の費用相場

実際にSNS広告代理店を活用する場合の費用相場が気になりますよね。

ここでは、費用について以下の2つについて詳しく解説します。

  • 費用の内訳
  • サポート範囲別の費用相場

サポート内容によって費用が大きく異なるので、どのようなサポートを受けたいのか検討してみましょう。

費用の内訳

SNS広告代理店の費用では、主に以下の3つの費用がかかります。

  • 初期費用
  • 広告費
  • 手数料

初期費用

SNS広告代理店の初期費用は、一般的に5万円から15万円程度が一般的です。

ただし、中には初期費用が無料の代理店も存在します。

広告費

広告費の相場は、広告を出すSNSプラットフォームや広告のクオリティによって異なります。

また、商品やサービスの種類、広告の目的に応じても金額は変動しますが、一般的に月額で最低でも2万円から3万円程度となります。

手数料

SNS広告代理店では、かかった広告費のうち約20%を手数料として請求するケースが多いです。

これは、SNS広告運用で代理店が行った様々な作業やサービスに対しての報酬となります。基本的に広告費用に加えて手数料が別途発生する仕組みとなっています。

サポート範囲別の費用相場

次に、サポート範囲別の費用相場を紹介します。サポート内容によって費用が異なるので、予算内でどのようなサポートが受けられるのかを確認してみましょう。

月額10万円以下のサポート範囲

SNS広告の料金相場は、月額10万円以下のサービス範囲が一般的です。月額10万円のプランには、通常以下のような内容が含まれます。

  • 初期設定
  • ターゲティング
  • 投稿代行
  • 広告運用

月額10万円以下のプランは、SNS広告を試してみたい方や1つの媒体だけを運用したい方、アドバイスだけが必要な方におすすめです。

ただし、クリエイティブ制作には別途費用がかかる場合もあるので注意が必要です。

月額10~40万円のサポート範囲

月額20〜30万円のプランでは、すでにSNS広告運用を行っている方や運用中のSNS広告の改善を行いたい方におすすめです。

主に以下の内容がサポート範囲として含まれることが多いです。

  • 初期設定
  • ターゲティング
  • 運用管理
  • 投稿代行
  • 広告運用
  • 複数のSNSでの運用代行
  • コメントの確認・返信

料金が高くなることによって広告や投稿の質が向上します。

また、10万円以下のプランと同様に、複数のSNSでの広告運用や複数アカウントの運用代行も行うことができます。

月額40万円以下のサポート範囲

月額40万円以下のプランでは、以下の内容がサポート範囲として含まれることが一般的です。

  • 初期設定
  • ターゲティング
  • 運用管理
  • 投稿代行
  • 広告運用
  • 複数のSNSでの運用代行
  • コメントの確認・返信
  • キャンペーンの企画・制作
  • 定期的な打合せ

金額が上がるほど広告代理店との連携が密接になり、より広告運用の効果を高めることが期待されます。

SNS広告代理店の選び方

ここでは、SNS広告代理店の選び方について以下の6つを紹介します。

  • 対応可能なSNSは何かを確認する
  • 取り扱っているSNS広告の種類を確認する
  • サポート範囲を確認する
  • 事例を確認する
  • 費用やプランを確認する
  • 広告のデザインや訴求力を確認する

あなたの求めるSNS広告や運用ができるように、適切な広告代理店を選べるようにしましょう。

対応可能なSNSは何かを確認する

SNS広告代理店を選ぶ際には、対応可能なSNS媒体が何かを確認することが重要です。なぜなら、中には特定のSNSだけに対応している会社もあるからです。

対応可能なSNS媒体が多ければ、特定のSNSで広告効果が低かった場合でも、別のSNSに挑戦したり、同時に複数のSNSの運用を頼んだりすることができます。

ターゲット層に合ったSNSでの広告運用ができるかどうかは、広告の成功に大きく影響する要素です。

選ぶ際には、あなたが求める広告戦略とSNS広告代理店の対応可能なSNS媒体が一致しているかをしっかりと確認しましょう。

取り扱っているSNS広告の種類を確認する

SNS広告代理店を選ぶ際には、取り扱っているSNS広告の種類を確認することが大切です。すべての代理店があらゆるSNSや広告の種類に対応しているわけではないため、商材に適したプラットフォームを把握しておきましょう。

ターゲット層に合ったSNSでの広告運用ができるかどうかを重視し、そのSNS広告を扱っている企業を探すことが重要です。

もし、どのSNSで広告を出そうか迷っている場合は、なるべく多くの種類の媒体でサポート体制がある企業を選ぶことをおすすめします

また、SNS広告には以下の5つの種類があります。

  • フィード広告
  • カルーセル広告
  • リード広告
  • ダイナミック広告
  • インフルエンサーマーケティング

それぞれの広告の特徴を理解しておきましょう。

フィード広告

フィード広告は、SNSのフィードに表示される広告形式です。

テキスト、画像、動画などのクリエイティブコンテンツを含み、ユーザーがSNSを閲覧している際に自然に目にすることができます。

つまり、普段SNSを見ているユーザーに対して、自然な形で広告を届けることができる広告形式です。

カルーセル広告

カルーセル広告は、複数の画像や動画をスライドショーのように表示する広告形式です。

1つの広告内で異なるコンテンツを複数表示できるため、1つの広告でより多くの情報を効果的に伝えることができます。

ユーザーはスワイプやクリックで次の画像や動画を見ることができ、複数の情報を見せることで興味を引きつけやすくなります。

広告のスペースを有効活用し、豊富な情報を伝えたい場合に有効な広告形式です。

リード広告

リード広告は、ユーザーに対してフォームや情報提供を促す広告形式です。

ここでいう「リード」とは、見込み顧客や潜在顧客のことを指します。リード広告は、広告を見たユーザーが迅速かつ簡単に情報提供を行える仕組みを持っており、主に顧客のデータを収集するために利用されます。

ダイナミック広告

ダイナミック広告は、ショッピング広告やリターゲティングに利用される広告形式です。ユーザーの行動や興味に基づいて自動的に生成される広告です。

具体的には、ユーザーがウェブサイトを訪れ、特定の商品を見たり、カートに入れたりした場合、その情報を元に広告が自動的に生成されます。

例えば、オンラインショッピングサイトで特定の商品を見たユーザーには、その商品が広告として表示されることがあります。これにより、ユーザーの興味や関心に合わせた広告を提供することができ、ユーザーに対してより効果的なアプローチが可能となります。

ダイナミック広告は、ユーザーの行動や興味を重視し、個別のユーザーに合わせた広告体験を提供することで、広告の効果を最大化する手法として利用されます。

インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングは、有名なインフルエンサーや個人ブロガーなどがSNS上で製品やサービスを紹介するマーケティング手法です。

インフルエンサーは、多くのフォロワーやファンを持ち、彼らの投稿に対して高い信頼性や影響力を持っています。そのため、広告主はインフルエンサーの影響力を利用して、製品やサービスを紹介してもらい、広告効果を高めることを目指します。

サポート範囲を確認する

SNS広告代理店を選ぶ際には、サポート範囲が異なることがあります

例えば広告運用だけでなく、広告のデザインやコンテンツ制作、SNSアカウントの運用代行などを求めている場合は、それらのサポートを提供している代理店を選ぶことが重要です。

ニーズに合ったサポートを提供してくれる代理店を選ぶことで、広告運用やマーケティング活動がスムーズに進むことが期待できます。

事例を確認する

同業他社や似た業種の運用実績があると、あなたの課題や悩みを解決してくれる可能性が高まります。実績が多い会社は独自のノウハウも豊富になるため、さまざまな提案やアドバイスを得られるでしょう。

課題や目標に合った広告戦略を立てるためには、経験豊富な会社と連携することが重要です。事例を確認することで、信頼性のある広告運用会社を選び、成功を目指しましょう。

費用やプランを確認する

SNS広告代理店によって、かかる費用や費用形態が異なります。先述した通り、初期費用や配信費用などさまざまな項目で費用がかかります。

サポート範囲の広さによっても費用は異なるため、必要とするサポート内容と費用を比較検討することが重要です。

他のSNS広告代理店との比較を行い、納得できる費用なのかを判断しましょう。

また、プランの内容や料金だけでなく、料金形態も確認することが大切です。広告費用の支払い形態や報酬の基準など、費用に関連する細かな条件を理解することで、後々のトラブルを防ぐことができます。

広告運用会社を選ぶ際には、料金についてしっかりと理解し、予算と目標に合ったプランを選ぶことが成功への重要なステップとなります。

広告のデザインや訴求力を確認する

SNSの広告では、広告のクオリティが非常に重要です。求めるレベルの広告デザインや訴求力があるかを確認することで、成功に近づくことができます。

広告デザインや訴求力が優れている広告は、ユーザーの関心や注意を引きつけるだけでなく、実際のクリックやコンバージョンといったユーザーの行動を促すことができます。

そのため、広告運用会社の実績を通じて、どれだけ効果的な広告を制作できるかを確認することが大切です。

SNS広告の世界では、ユーザーの関心を引きつけ、行動に結びつけるための訴求力が重要な要素となりますので、広告のクオリティに重点を置くことが成功の鍵となります。

【まとめ】SNS別!SNS広告代理店おすすめ5選

最後に以下の4つのSNSを運用している方におすすめの広告代理店を紹介します。

  • Twitter
  • Meta
  • LINE
  • TikTok

広告代理店によって、特徴や料金などが異なるのであなたにぴったりの代理店を見つけてみましょう。

Twitter

TwitterのSNS広告をする際におすすめの広告代理店を、4社紹介します。

wevnal

wevnalは日本最初のTwitter Japan認定代理店です。

若手社員が多く在籍しており、若年層が多く利用するTwitterのユーザー層と重なるため、よりリアルな意見をもとに広告配信が可能です。また、Twitter広告チームは広告配信や分析の流れを公開しており、透明感が高く、安心して取り組むことができます。

さらに、この代理店ではTwitter広告チームが配信や分析のプロセスを公開しているため、広告主側は広告の進行状況や効果を透明に把握できます。透明性が高いため、広告運用の進捗や結果について安心して相談や確認ができます。

ANAGRAMS

ANAGRAMSはTwitter Japan認定代理店であり、Twitter広告運用に関する高い知識を持っています。

また、ANAGRAMSは初心者の方に向けた広告に関する知識をわかりやすく解説するブログを提供しています。これにより、広告に関する基本的な知識やテクニックを理解しやすくなり、広告運用に対する理解が深まります。

ANAGRAMSのサービスは、Twitter広告に関する幅広いニーズに対応し、初心者から上級者まで満足のいく広告運用を提供しています。

Rincrew

RincrewはTwitter広告運用の実績が豊富で、特に「バズる」広告を生み出すのが得意です。バズる広告とは、ユーザーの興味を引き、大きな反響や拡散を生む広告です。この代理店はユーザーの嗜好やトレンドを把握し、クリエイティブなアプローチでバズる広告を展開する手法を持っています。

さらに、若年層の分析にも強みを持ち、特定の年代を狙ったターゲティングに高い効果を発揮します。若年層の嗜好や行動パターンを理解し、ターゲティングを精密に行うことで、広告の効果を最大化することが可能です。

この代理店はTwitter広告だけでなく、インスタグラムやFacebook広告など、幅広いSNS広告にも対応しています。複数のSNSで広告を展開したい場合やマルチチャネルでの広告運用を検討している場合にもおすすめです。

XBUZZ

XBUZZは定額制であり、契約期間の縛りもなく、柔軟なプランが用意されています。手数料を取られたくない方にとってはおすすめの選択肢です。また、広告配信に関するアカウント権限が自分にあるため、広告の配信状況や運用成果をリアルタイムで把握することが可能です。

広告の運用成果をしっかりと確認できることは、広告運用の改善や効果測定に重要です。XBUZZの柔軟なプランとアカウント権限の特長により、広告主は自由度が高く、広告運用の透明性と効果測定の面で優れたサポートを受けることができます。

Meta(Facebook・Instagram)

Meta広告をする際におすすめの広告代理店を、6社紹介します。

株式会社CREXiA

株式会社CREXiAは、D2Cおよびリピート通販業界に特化したWebマーケティング戦略の立案から実行までを一貫して提供しています。

特にMeta広告の運用に強みがあり、LP・記事LP・漫画記事LP・静止画バナー・動画クリエイティブなど、様々なクリエイティブ制作から広告運用や配信後のPDCAサイクルの実施まで一貫した支援を行っています。

これまでに培った実績とノウハウを活かし、顧客と密接に連携しながら、CPAの改善にとどまらず、LTVの向上を目指した戦略的な支援も行える点が強みです。

株式会社Lifunext

株式会社Lifunextは、大手代理店出身コンサルタントが多数在籍しデジタルマーケティングの幅広い知見と技術を有し、SNS広告運用・LP・バナー・動画等のクリエイティブ制作をトータルサポート出来ます。

Meta広告運用でYoY474%増加の実績があり、独自の以下特徴があります。
① マトリックス思考によりクリエイティブ検証
デザインと訴求内容の2軸を検証するマトリックス思考でPDCAを回していくことで、より効果的なクリエイティブ分析を行う。
② 質を担保したテンプレートによる量産体制
クリエイティブディレクターがクリエイティブの品質管理を行いつつ、ツールやデザインテンプレートを用いた量産体制があり、質を担保しつつクリエイティブの量産を実現する。
LifunextはMeta Business Partners認定パートナーであり、認定代理店としての独自情報等もご提供できます。

株式会社エンカラーズ

株式会社エンカラーズはWeb広告運用やサイト制作を主に行う横浜のデジタルマーケティングカンパニーです。

Meta広告の実績として広告代理店変更後獲得単価80%改善などの実績をもち、ウェブメディアやEC事業の運営を創業から現在まで行っているからこそ提供できる実践的なノウハウで貴社を徹底的にサポートします。
広告運用以外でもWebマーケティング支援を得意としており、多様な業種・業界のマーケティング支援経験があります。あらゆるニーズに対応可能な幅広いサービスを提供しています。

デジタルアスリート株式会社

デジタルアスリート株式会社は、Webマーケティングの戦略設計から、広告運用、LP・動画などの制作まで支援できるのが特徴です。

特にmeta広告では、SNS広告に強い広告運用者がmeta広告含めたSNS広告での実績やノウハウを活かして、勝ちパターンが見つかるまでクリエイティブ検証を行いお客様の目標達成を実現します。
また、Metaのビジネスパートナーとして認定されているため、高い広告運用スキルと信頼性があります。

株式会社イールドマーケティング

株式会社イールドマーケティングは、株式会社イールドマーケティングは、大手代理店出身の社長の豊富な経験を活かして広告運用の支援を行っております。meta広告では重要度の高い、クリエイティブの分析に長けており、制作から自社で行うことで高速でPDCAを回し改善に繋げます。

さらに、広告運用だけでなくウェブマーケティング戦略策定の支援も増加しています。ウェブマーケティング全体を見ながら広告運用を行うことが可能となり、戦略の課題も踏まえた上での支援が強みとなります。

アナグラム株式会社

アナグラム株式会社は、リスティング広告や各種SNS広告を取り扱っている会社です。GoogleとYahoo!の認定代理店として認知されており、高い広告運用のスキルと信頼性を持っています

この代理店の特長は、PDCAサイクルを非常に重視している点です。アナグラム株式会社は広告運用において、綿密な計画を立てた上で実行し、広告の効果を評価し、必要に応じて改善を行っています。このようなPDCAサイクルにより、1クリックも無駄なく広告を運用することができるため、広告効果を最大化できる可能性が高いと言えます。

LINE

LINEのSNS広告をする際におすすめの広告代理店を、4社紹介します。

GMOコマース株式会社

GMOコマース株式会社は、広告主の業種に合った適切なターゲティングや広告配信の最適化など、LINE広告運用において包括的なサービスを提供しています。

この代理店は、広告主の業種やターゲット層に合わせた効果的なターゲティングを行い、ターゲットユーザーへのリーチを最大化します。また、広告の出稿後に得られたデータや結果をもとに、広告配信を継続的に最適化していきます。これにより、広告キャンペーンの効果を最大化することが可能です。

ASUE株式会社

ASUE株式会社は、LINE広告運用と動画制作を組み合わせた独自のサービスを提供しています。このサービスにより、広告運用と動画制作の両方を一貫してサポートすることが可能です。

LINE広告運用においては、効果的な広告戦略やターゲティングを立案し、広告キャンペーンの運用を行います。同時に動画制作にも力を入れており、魅力的な動画コンテンツの制作が可能です。動画広告はユーザーの注意を引きやすく、広告効果を高める上で重要な要素です。

さらに、ASUE株式会社は広告運用とWEBサイト制作の両方を得意としているため、広告主は総合的な支援を受けられます。広告運用とWEBサイト制作を一体化することで、広告キャンペーンとWEBサイトの連携をスムーズに行い、効果的なマーケティング戦略を実現します

株式会社ADrim

株式会社ADrimは、主に運用型広告を中心にWEBマーケティング支援を行っている企業です。

この代理店は、無料でアカウント診断を行っており、広告主のアカウントの現状や課題を分析し、改善のためのアドバイスを提供しています。広告主は無料の診断を通じて自分のアカウントの健全性を確認できるため、適切な広告戦略を立てる上で役立てることができます。

また、LINE広告において豊富な運用実績を持つため、効果的な広告展開が期待できます。特にLINE広告は若年層の利用者が多いため、若年層に対するターゲティングが必要な広告主にとって有益なパートナーとなるでしょう。

ArtsWeb株式会社

ArtsWeb株式会社は、特にLINE広告運用において集客に重点を置いてサポートを行っています。

LINE広告運用においては、広告主の集客目標を実現するために効果的な広告戦略を立案し、広告配信を行います。広告運用だけでなく、アカウント運用についても相談が可能であり、広告主はLINEアカウントの運用全般に関するサポートを受けることができます。

さらに、ArtsWeb株式会社はLINE運営サポートやセミナー、研修なども行っています。LINE広告の運用におけるノウハウや最新のマーケティングトレンドを学ぶ機会を提供することで、広告主はより効果的な広告運用を実現できるでしょう。

TikTok

TikTokのSNS広告をする際におすすめの広告代理店を、4社紹介します。

合同会社ビーエイチ

合同会社ビーエイチは、過去の豊富な広告運用実績を持つ担当者が多数在籍しており、SEO対策やSNS運用など、様々なWebマーケティング施策に幅広く対応しています。

費用形態も様々であり、中小企業から大企業まで幅広い規模の企業が利用できる点が特徴です。これにより、広告主は予算やニーズに合わせて最適なプランを選択することができます。

さらに、ビーエイチは複数のWebマーケティング施策を活用してPR効果を高めることをサポートしています。広告主はSEO対策やSNS運用、その他のWebマーケティング施策を組み合わせて効果的なPR戦略を実現することができます。

studio15

studio15は、TikTokの知見を持っており、最適なコンテンツを作成することが得意な広告代理店です。彼らの豊富な経験と洞察力により、最新のトレンドに合った施策を展開することが可能です。

特に、サービスや商品の広報活動や、Z世代や若者の新規顧客獲得を目指す企業にとって、studio15はおすすめのパートナーです。TikTokを活用した広告戦略により、ターゲット層に効果的にアプローチし、ブランドの知名度を高めたり、新しい顧客を獲得することが期待できます。

株式会社N.D.Promotion

株式会社N.D.Promotionは、特にTikTok広告運用において、インフルエンサーを積極的に活用することに力を入れている広告代理店です。彼らはフォロワー数100万人を超えるような多数のインフルエンサーを所属させており、その起用実績は国内トップクラスの実績を誇ります。

特にハッシュタグチャレンジ広告の運用代行も得意としており、インフルエンサーの力を活用して、ブランドや商品、サービスのPRを効果的に行うことができます。

ハッシュタグチャレンジについては、以下の記事で詳しく解説しているので、インスタ運用の参考にしてみてください。

株式会社Nativex Japan

株式会社Nativex Japanは、中国最大のインターネット広告代理店である「Nativex」が日本で運営しているTikTok広告代理店です。彼らは世界計16ヶ国に対応しており、主に主要先進国でのTikTok広告運用代行実績を多く保有しています。

特に海外の人気インフルエンサーをPRに起用することが可能であり、海外のユーザー向けにTikTok広告を配信したいと考えている企業にとっては非常に魅力的な選択肢となります。彼らの広告運用実績と国際的なネットワークを活用することで、ターゲット層に対して効果的な広告配信やブランド認知の向上を実現できます。

まとめ

SNS広告代理店を活用することで得られる効果について、以下の5つを紹介しました。

  • 若い世代への宣伝効果がある
  • ターゲットを細かく設定できる
  • 潜在顧客にアプローチできる
  • 拡散効果がある
  • 費用対効果が期待できる

SNSで商品やブランドを宣伝したい方にとっては、SNS広告代理店は心強いパートナーになります。

しかし、広告費や手数料などの費用がかかったり、広告を出すことで思わぬ炎上を引き起こしたりする可能性もあります。

SNS広告代理店は、さまざまな種類があります。あなたの求めるSNS広告や運用ができるように、適切な広告代理店を選び、活用できるようにしましょう。

Marke Insightに無料相談をする

SNS・広告の運用は「Marke Insight」にお任せください!

法人を中心に、SNSの運用や各種広告の運用などwebマーケティングを包括的にサポートしているため、御社のお悩みに対しても事例に基づき最適なご提案をいたします。

下記のようなお悩みがある場合はお気軽にご相談ください。

  • 自社での運用に限界が見えてきて、プロにお願いしたい
  • 運用代行を頼みたいと考えているが、どの会社がいいか比較検討したい

貴社のご状況に合わせて、調整させていただきますので、ぜひお気軽に下記フォームよりお申し込みください。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

SNSマーケティングを中心にマーケの最新ノウハウをお届けするMarke Insight編集部です。YouTube~万人、TikTok~万人、Instagram~万人、ブログPV累計210万の実績から実践的かつ最新の情報をお届けします。

目次