【2024年最新】Googleキーワードプランナーの使い方

スポンサーリンク
  • 「キーワードプランナーの使い方が知りたい…」
  • 「検索ボリュームが見れるのはわかったが、どう活用すればいいの?」

Googleキーワードプランナーについて、こんなお悩みはありませんか?

Googleキーワードプランナーは、広告の全体設計に活用できます。なかでも、市場動向やニーズの把握に役立ちます。活用しなければ、キーワードを主観的な決め打ちで設定することになり、成果に対して再現性の無い広告配信になります。

本記事では、Googleキーワードプランナーを使用するメリットや活用方法、その他の類似ツールについても解説していきます。

活用方法を実践すれば、キーワード選定の際、一定の質を担保する型ができ、成果の向上や業務の効率化ができます。今までキーワード選定に3時間ほどかかっていた方も、30分程度まで工数を削減できるかもしれません。

執筆は、SNSマーケティングや広告運用を専門としたメディアを運営している、MarkeInsight編集部が担当しています。

キーワードプランナーの活用方法を知り、効果的に広告の全体設計を行いたい方はぜひ最後までご覧ください。

目次

そもそもキーワードプランナーとは?

キーワードプランナーとはGoogle公式が無料で提供している、キーワード分析ツールです。
Googleの純正のツールなので、多くの人々から高い信頼感を得ています。

Googleキーワードプランナーは、広告の配信やSEO記事を執筆する際の、キーワード調査を行えます。すなわちGoogleにおいて、ユーザーが検索したキーワードについて調査できます。

感覚的な設計ではなく、事実データを基に分析することができるので、成果を出すまでの時間もより短いものとなります

またキーワードを入力すると、関連キーワードも各情報と一緒に網羅的に表示してくれるため、どのようなキーワード選定や記事の執筆を行うべきかわからない場合にも、非常に有用です。

得られるメリット・活用することでできること

Googleキーワードプランナーの機能でできることは、主に以下の4つです。

  • 月間平均検索数の調査
  • クリック単価の調査
  • 関連性の高いキーワードの発見
  • 競合性の調査

得られるメリットは、以下の3つです。

  • 広告の費用対効果をシミュレーションすることができる
  • マーケティング戦略や広告の全体設計ができる
  • リスティング広告やSEOのキーワード選定ができる

以降では、効果的な活用方法について詳しくご紹介します。

キーワードプランナーの効果的な活用方法

リスティング広告やSEOのキーワード選定をする際の、キーワードプランナーの具体的な活用例について解説していきます。

リスティング広告 キーワード選定

「食事の宅配」をキーワード候補として設定すると、以下のようなデータが確認できます。

  • 月間平均検索ボリューム
  • 3ヶ月の推移
  • 前年比の推移
  • 競合性
  • ページ上部に掲載された広告の入札単位(低額帯)
  • ページ上部に掲載された広告の入札単位(高額帯)

各キーワードの月間平均検索ボリュームや入札単価が表示されます。また、関連性の高いキーワードを発掘できます。

たとえば、「食事の宅配」のキーワードを選定するとします。
月間平均検索ボリュームが1300回で、クリック率を5%と仮定し、クリック単価を中央値で想定した場合、1300回×5%×302円=19630円となります。

このように月間の広告配信において、各キーワードでどのくらい費用がかかるかの見積もりが把握できます。

また「予測」機能を利用すると、Googleが自動で見積もりを算出してくれます。大量のキーワードでも、すぐに見積もりを出せます。

SEO キーワード選定

SEOにおいても、キーワードプランナーは効果的です。

どのキーワードでの上位表示を狙うのかが重要ななかで、感覚的だと見つけられなかったキーワードの発見に役立ちます。また、関連性が高いキーワードを組み込むことで、ユーザーのニーズにあったコンテンツを提供することができます。

一方で、検索上位を狙うのが難しいであろうキーワードの判別も行えます。たとえば、月間平均検索ボリュームが多く、かつ競合性も高いキーワードは、比較的上位表示は難しいと考えられます。

このように、キーワード別で各データを比較することにより、どのキーワードでの上位表示を狙うかの取捨選択が行えます。

キーワードプランナーの具体的な活用事例

Googleにおける、検索市場トレンドの把握に役立ちます。

たとえばキーワードプランナーでは、各キーワードの3ヶ月間や前年比での検索ボリュームの推移を確認しています。数値の伸び具合を鑑みて、今後の戦略(予算の投下先など)を決定することができます。

私も広告運用に携わるまでは、感覚的に仕事を進めていたことがことが多々ありました。ですが分析ツールを利用することにより、事実データを基に設計を行うことが増え、PDCAを回しやすくなりました。

つまり明確な判断軸を持てたことで再現性が生まれ、施策の成果が安定するようになり、業務のテンプレート化も進めやすくなるのです。

このようにキーワードプランナーは、市場トレンドの把握はもちろん、施策の成果安定や業務フローの改善にも役立ちます

キーワード分析ツールを使わず設計すると起こりうる問題

以下の3点が想定されます。

  • 施策の成果が最初の想定よりもぶれる
  • 今後の戦略や見通しが立てられない
  • 根拠を提示できない

事実ベースのデータを用いなければ、個々の感情や主観的な判断に依存します。毎回個人の感じ方や考え方次第だと、キーワード選定の基準も、属人的な業務になります。なので、アウトプットに対して適切な評価を下しづらく、品質管理も難しいです。

このようにKKD(勘・経験・度胸)での意思決定が中心になってしまい、成果が出ず予算を無駄遣いしてしまう可能性が高いです。

キーワードプランナーの使用上の注意点

Google広告を十分に配信されていない場合、キーワードプランナーを利用するのには注意が必要です。

詳細な検索ボリュームが表示されないため、分析の精度が落ちるのです。

たとえば検索ボリュームが4400だったとしても、曖昧な1000~1万という表示になり、正確な数値がわかりません。

より詳細な検索ボリュームを確認するためには、Google広告を一定額配信する必要があります

もしGoogle広告の配信をされていない場合は、他のツールを導入することが理想です。

キーワードプランナーは無料?

キーワードプランナーは無料で利用できます。

上記の注意点はあるものの、初期登録を行えば、他の機能は無料で利用できます。

有料ではないことから、キーワード分析ツールを利用されたことが無い場合、一度使ってみても良いかもしれません。

キーワードプランナー類似ツール4選

Googleキーワードプランナーに似た分析ツールを、4選紹介していきます。

以下は各ツールの機能や特徴の比較表です。

スクロールできます
利用可能項目Google
キーワードプランナー
RURI-COUberSuggestラッコキーワードKeword Tool 
利用無料△(変わる点は利用回数制限のみ)△(無料版の場合、できることが少ない)△(無料版の場合、できることが少ない)
検索ボリューム△(広告配信なしの場合、データは粗い)△(有料版は可)△(有料版は可)
クリック単価△(有料版は可)△(有料版は可)
関連語洗い出し
競合性調査△(有料版は可)△(有料版は可)
キーワード分析ツールの機能や特徴の比較表

状況や与件に応じて、必要な情報ベースで選択しましょう。

それぞれのサービスの詳細は次項にてご紹介いたします。

RURI-CO.

ruri-coは「tami-co」というSEO特化のツールの調査結果から、データを蓄積しているキーワード分析ツールです。

特徴としては、SEOの観点でのデータがメインです。

SEO用の記事作成やキーワード選定・改善の用途での利用がおすすめです。

UberSuggest

UbersuggestはSEOのツールではあるものの、幅広いデータが閲覧できます。

たとえばGoogleキーワードプランナーにSEOの観点でのデータが加わったツールです。

特徴としては、Googleキーワードプランナー同様、膨大なデータを簡単に調べられます。アメリカで開発されたものの、日本語対応も行っています。

また有料プランはありますが、利用回数の上限が変わるだけなので、無料で機能性も高いです。

ラッコキーワード

ラッコキーワードは、主にblogのキーワード選定など、幅広く活用できるツールです。

特徴としては、汎用性が高いツールです。Googleのサジェストキーワード(検索窓にキーワードを入力した際に、一緒に検索されやすいキーワードが自動的に提案される機能のこと)だけでなく、Amazonや楽天・YouTubeなども加えて確認することができます。また、gooやYahoo!などのQ&Aサイトにおいて、どのようなトピックが多いかの調査など、豊富なデータが閲覧できます。

ただし無料版の場合、検索ボリュームが調べられないため、注意が必要です。

Keyword Tool

Keyword Toolは、Googleキーワードプランナーの代替案として最もおすすめです。

特徴としては、Googleキーワードプランナーと比較してロングテールキーワードの取得ができます。他のキーワード分析ツールと比較して、キーワードの抽出量や精度がトップクラスです。

ラッコキーワードと同様で、サジェストキーワードにおいて豊富なデータが閲覧できます。AppstoreやPinterest・TikTokなど、多種多様な媒体を抑えています。

キーワードプランナー登録方法とは?

キーワードプランナーを利用するためには、GoogleアカウントとGoogle広告アカウントが必要です。

今回はGoogle広告アカウントの作成方法について紹介していきます。

Google広告アカウントの作成

以下のフローより、作成できます。

  1. STEP1:キーワードプランナーより、Googleアカウントでログイン
  2. STEP2:アカウントの情報を入力し、登録する
  3. STEP3:Google広告アカウントの作成完了

・STEP1:キーワードプランナーより、Googleアカウントでログイン

・STEP2:アカウントの情報を入力し、登録する

・STEP3:Google広告アカウントの作成完了

検索ボリューム調査の準備が完了しましたので、実際に開始してみましょう。

注意事項を以下に記載します。

  • あくまでキーワードプランナーが使えるようになるまでの、最低限のアカウント設定になります。
  • この状態だと、まだ広告配信はできません。

使用手順・詳細機能紹介

キーワードプランナーの使用手順について、以下で説明します。
まず公式「キーワードプランナー」より、Googleアカウントでログインします。

次に具体的なキーワードプランナーの使用手順は以下の通りです。

狙いたいキーワードの概要・関連する情報を調べたい方

まずは「新しいキーワードを見つける」の進め方について解説します。

  1. STEP1:「新しいキーワードを見つける」をクリックする
  2. STEP2:検索窓にて、調査したいキーワードを入力
  3. STEP3:「結果を表示」をクリックする
  4. STEP4:調査開始

・STEP1:「新しいキーワードを見つける」をクリックする

・STEP2:検索窓にて、調査したいキーワードを入力

・STEP3:「結果を表示」をクリックする

・STEP4:調査開始

選定済みキーワードの検索ボリュームや予測を調べたい方

次に、「検索ボリュームと予測のデータを確認する」の進め方について解説していきます。

  1. STEP1:「検索ボリュームと予測のデータを確認する」をクリックする
  2. STEP2:調査したいキーワードを1行に1つずつ、またはカンマで区切って入力
  3. STEP3:「開始する」をクリック
  4. STEP4:画面左側のタブより、「予測を選択」し、予測完了

・STEP1:「検索ボリュームと予測のデータを確認する」をクリックする

・STEP2:調査したいキーワードを1行に1つずつ、またはカンマで区切って入力

・STEP3:「開始する」をクリック

・STEP4:画面左側のタブより、「予測を選択」し、予測完了

このようにキーワードプランナーを活用することで、指定のキーワードにおける配信結果をGoogleに予測してもらえます。

知っていたらワンランクアップの詳細機能

キーワードプランナーの知っていたら便利な機能について、ここでは以下5つほど紹介します。

日本以外に住んでいるユーザーの検索ボリュームを調査する方法

  1. STEP1:調査結果の上部にある、「地域」をクリックする
  2. STEP2:表示される地図画面で、調査したい地域の名前を入力
  3. STEP3:表示される候補より、地域を選択
  4. STEP4:「保存」をクリックして、地域の追加完了

日本語以外での検索ボリュームを調査する方法

  1. STEP1:調査結果の上部にある、「すべての言語」をクリックする
  2. STEP2:調べたい言語を選択する

邪魔なキーワードを除外する方法

  1. STEP1:調査結果の中央にある、「フィルタの追加」をクリックする
  2. STEP2:表示される候補より、「キーワード」をクリックする
  3. STEP3:「次を含まない」を選択肢、除外したいキーワードを入力
  4. STEP4:「適用」をクリックする
  5. STEP5:分析の邪魔になっていたキーワードの除外完了

フィルタ機能の様々な選択肢

  • 競合性
  • 広告インプレッションシェア
  • キーワード
  • アカウントのキーワード除外
  • 月間平均検索ボリューム
  • オーガニック検索の平均掲載順位
  • オーガニック検索のインプレッションシェア
  • ページ上部掲載の入札単価(低額帯)
  • ページ上部掲載の入札単価(高額帯)

フィルタ機能を使いこなして、効率的な調査を心がけましょう。

調査結果のデータを、CSV形式やGoogleスプレッドシートでダウンロードする方法

  1. STEP1:調査結果の右上にある、「キーワード候補をダウンロード」をクリックする
  2. STEP2:「Googleスプレッドシート」or「CSV」を選択する
  3. STEP3:データのダウンロード完了

まとめ

  • Googleキーワードプランナーは広告の全体設計に活用できる
  • 主にリスティング広告やSEOのキーワード選定に役立つ
  • Googleキーワードプランナーは無料で使える
  • キーワード分析ツールはそれぞれ特徴がある

Googleキーワードプランナーは、広告の全体設計に活用できます。主にリスティング広告やSEOのキーワード選定に役立ちます。使わなければ、キーワードを主観的な決め打ちで配信することになり、再現性の無い広告配信になってしまいます

またキーワードプランナーは無料で使えます。他にもキーワード分析ツールはあり、閲覧できるデータや課金形態などが変わります。
なかでも無料のツールもあるため、状況に応じて必要な情報ベースで選択しましょう。

Marke Insightに無料相談をする

SNS・広告の運用は「Marke Insight」にお任せください!

法人を中心に、SNSの運用や各種広告の運用などwebマーケティングを包括的にサポートしているため、御社のお悩みに対しても事例に基づき最適なご提案をいたします。

下記のようなお悩みがある場合はお気軽にご相談ください。

  • 自社での運用に限界が見えてきて、プロにお願いしたい
  • 運用代行を頼みたいと考えているが、どの会社がいいか比較検討したい

貴社のご状況に合わせて、調整させていただきますので、ぜひお気軽に下記フォームよりお申し込みください。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

SNSマーケティングを中心にマーケの最新ノウハウをお届けするMarke Insight編集部です。YouTube~万人、TikTok~万人、Instagram~万人、ブログPV累計210万の実績から実践的かつ最新の情報をお届けします。

目次