【インスタライブ】ライブウェーブの送り方は?活用するメリットも解説!

スポンサーリンク

「ウェーブを送ることでどんな効果が期待できるの?」

「ウェーブをまとめて送ることはできないの?」

「ウェーブを送らないと、視聴者は残念に感じてしまうって本当?」

インスタのアカウント運用において、ライブのウェーブ機能の活用方法が分からずに悩んでいませんか?

ウェーブ機能は、配信者が視聴者に感謝や挨拶を伝えるための機能です。配信者がウェーブ機能を活用することで、視聴者とリアルなコミュニケーションを行うことができます。

しかし、ウェーブはまとめて送ることができません。

1人ひとりに送ることは手間になってしまいますが、逆に視聴者側はウェーブが届くと嬉しいと感じるでしょう。インスタライブの目的はファンの獲得です。ウェーブはそのための1つの手段として、余裕がある場合は活用するようにしましょう。

この記事では、インスタライブでウェーブを送る方法を解説します。

記事を最後まで読めばウェーブ機能の特徴や、活用するメリットとデメリットについても理解することができます。

ぜひ、解説を参考にしてインスタライブでファンの獲得を目指しましょう。

目次

インスタのライブウェーブ機能とは?

インスタライブとは、リアルタイムで自身の映像やコンテンツを配信することができる機能です。ライブ配信中は、視聴者とのリアルタイムなコミュニケーションが可能で、視聴者からのコメントやいいねが届きます。

インスタライブにあるウェーブ機能は、配信者が視聴者にウェーブリアクションを送ることができます。ウェーブは配信者がライブを見に来てくれた視聴者に対して、挨拶代わりや感謝、歓迎の気持ちを伝えるための機能です。また、配信者と視聴者の交流を活性化させる役割も果たしています。

ウェーブ機能を活用し、視聴者との間により親近感やコミュニケーションを増やし、ライブ配信がより活発化させましょう。そうすることで、インスタライブの目的であるファンを増やすことが期待できます。

インスタライブの活用方法は、以下の記事で詳しく解説しているので、インスタ運用の参考にしてみてください。

インスタのライブウェーブの送り方

インスタでのライブウェーブの送り方と、ライブウェーブの特徴について紹介します。ライブウェーブについて、理解してから活用するようにしましょう。

  • 送り方
  • 送信条件
  • 他の人には見えない
  • 自動では送れない

送り方

ウェーブは、自分のライブ配信に参加したユーザーのプロフィール画像とユーザーネームの横に表示されるウェーブボタンをタップすることで送れます。ウェーブボタンをタップすると、相手にウェーブが送信され、相手の画面に「○○からウェーブが届きました」と表示されます。

送信条件

ウェーブの送信条件は、相手の公開・非公開アカウントやフォロワー・非フォロワーに関係なく、誰にでも送ることができます。ただし、1回のライブ配信につき、1人のユーザーに対して1回しか送ることができません。また、送信済みのウェーブは取り消すことができませんので、注意が必要です。誤って別のユーザーに送信しないように、注意してウェーブを送る必要があります。

他の人には見えない

ウェーブは、送った相手にのみ表示されるため、他の人には見えません。画面中央に目立つ形で表示されますが、ウェーブの受け取りは受信者と配信者だけが知ることができます。特定のユーザーにだけこっそりとウェーブを送ることができます。

自動では送れない

現在のインスタライブでは、視聴者に対して自動でウェーブを送る機能はありません。視聴者が増えるたびにウェーブボタンをタップする手間や、コメントが多くてタップするチャンスを逃すといった悩みもあるかもしれません。

しかし、現時点では手作業で一人ずつにウェーブを送る必要があります。将来的には自動ウェーブ機能が実装される可能性もありますが、現時点では手動でウェーブを送る必要があります。

視聴者側も、手間をかけてウェーブを送ってもらえたことに喜びを感じます。余裕がある場合は極力ウェーブを活用すると、よりファン化の促進が期待できます。

インスタのライブウェーブの返し方

現在のインスタライブの仕様では、送られてきたウェーブに対して視聴者側は、直接ウェーブで返事することはできません。しかし、配信者からウェーブが送られてきた場合は、スタンプやコメントなど他の方法でリアクションすることができます。

視聴者は、スタンプやコメントを通じて配信者との交流を深め、ライブを楽しみましょう。

インスタのライブウェーブを活用するメリット

ウェーブは素早く送ることができるリアクションです。ウェーブを送ることは、配信者が視聴者に対して簡単に感謝の気持ちや挨拶を伝える方法の1つです。視聴者はウェーブを受け取ることで、自分が参加していることを実感し、配信者とのつながりを感じることができます。

余裕がある場合は、積極的にウェーブを活用し、視聴者に感謝の気持ちを伝えましょう。

また、ウェーブを送ることで、配信者と視聴者の間にリアルタイムのコミュニケーションが生まれます。ウェーブを受けとった視聴者は、配信者に対してスタンプやコメントなどの方法で返事をすることで、よりコミュニケーションを深めることができます。

コミュニケーションが増えることで、ファンを増やすことにも繋がります。ウェーブを活用することで、より視聴者が楽しめるライブ配信を実現し、視聴者とのつながりを深めましょう。

インスタのライブウェーブを活用しないデメリット

ウェーブは配信者が視聴者に対して送るリアクションです。視聴者がウェーブを期待して参加している場合、ウェーブが届かないと残念に感じるかもしれません。それによって視聴者の興味が薄れ、離脱してしまう可能性もあります。

しかし、 ウェーブを送らないことはインスタのルール違反や失礼な行為ではありません。ウェーブはオプションであり、必ずしも送る必要はありません。

また、ウェーブは配信者と視聴者とのリアルタイムなコミュニケーションの1つです。ウェーブを活用しないことで、視聴者との交流やファンの獲得の機会を逃す可能性もあります。

ただし、ウェーブを活用しないことが必ずしもデメリットとは言えません。配信者のスタイルやコンセプトによっては、ウェーブよりも他の方法で視聴者とのコミュニケーションを重視することもできます。最終的には配信者の判断と余裕によって、ウェーブ機能を活用するかどうかを決めるようにしましょう。

「インスタが伸びない…」とお悩みの方へ

店舗や事業におけるインスタ運用をしていると、  

  • なかなか集客につながらない
  • 競合店との差別化が難しい
  • インスタでは何を発信すれば伸びるだろうか

のように悩む方が多いのではないでしょうか?

インスタは誰でも簡単に始められる集客方法ですが、運用者のノウハウが足りずに伸び悩み挫折してしますことも珍しくありません。

一方で、インスタを伸ばす『勝ちパターン』を正しく実践できれば誰でもインスタアカウントを伸ばすことができます。

私たちはこれまで地域インスタ運用のプロとして、全国各地のアカウントをフォロワー1万人へと導いてきました。

※地域インスタ:『(地名)グルメ』や『(地名)観光』などの地域情報を発信するアカウント

もしも現状、伸び悩みを感じているのであれば、まずはこちらから私たちの『実績記事』をご覧ください。

まとめ

配信者がインスタライブのウェーブを活用することで、視聴者とリアルなコミュニケーションを行うことができます。ウェーブはまとめて送ることができず、視聴者1人ひとりに対して送る必要があります。

逆に、手間をかけてウェーブを送ることになるので視聴者側もウェーブが届くと嬉しいと感じるでしょう。余裕がある場合は、積極的にウェーブを活用し、コミュニケーションや感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

ウェーブを活用しないことで以下の3つのデメリットがあることを紹介しました。

  • ウェーブが届かないと残念に感じる可能性がある
  • 視聴者との交流が減る可能性がある
  • ファンの獲得の機会を逃す可能性がある

しかし、ウェーブを活用しないことが必ずしもデメリットとは言えません。配信者の配信スタイルや他の方法で視聴者に満足してもらえる工夫を行うことでも、ファンの獲得は目指せます。

ライブ配信の目的はファンの獲得なので、ウェーブはそのための1つの手段として活用しましょう。

Marke Insightに無料相談をする

SNS・広告の運用は「Marke Insight」にお任せください!

法人を中心に、SNSの運用や各種広告の運用などwebマーケティングを包括的にサポートしているため、御社のお悩みに対しても事例に基づき最適なご提案をいたします。

下記のようなお悩みがある場合はお気軽にご相談ください。

  • 自社での運用に限界が見えてきて、プロにお願いしたい
  • 運用代行を頼みたいと考えているが、どの会社がいいか比較検討したい

貴社のご状況に合わせて、調整させていただきますので、ぜひお気軽に下記フォームよりお申し込みください。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

SNSマーケティングを中心にマーケの最新ノウハウをお届けするMarke Insight編集部です。YouTube~万人、TikTok~万人、Instagram~万人、ブログPV累計210万の実績から実践的かつ最新の情報をお届けします。

目次