インスタのアカウント削除方法とは?注意点や削除後について紹介

スポンサーリンク

「インスタグラムで他人と比較して疲れた」や「趣味や勉強に時間を費やすためにやめたい」などの理由でインスタグラムのアカウントを削除したい人がいるのではないでしょうか。

インスタグラムのアカウントは利用停止やログアウトなど、アカウント削除以外にもさまざまな手段があります。そのため、インスタグラムを削除したいけど、アカウントが消えていないケースも多いです。

そこで今回は、インスタグラムのアカウントを削除する方法やアカウントを削除できない原因と対処法などをご紹介します。

本記事は、インスタのアカウントを削除やアカウントを削除する際の注意点についても理解できるので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人

当ブログ(Marke Insight)のTikTok/Instagram部門の執筆・監修を担当しております合同会社yadosです。当社では、

など、TikTok/Instagram運営のサポートを行なっています。実践で得られた知識を当ブログで皆様にお伝えさせていただいております。

目次

インスタグラムのアカウント削除とは?

ここでは、インスタグラムのアカウント削除について詳しく解説していきます。

解説する内容は次のとおりです。

  • アカウント削除とは何でしょう?
  • ログアウトと一時停止の違い
  • インスタグラムを退会する主な理由

また、インスタグラムに関する概要を把握すれば、後悔せずにアカウント削除できるので、ぜひ確認してみてください。

アカウント削除とは何でしょう?

インスタグラムの削除とは、いいねやフォロワーなどのデータを削除することです。データを削除することで、フォロワーからの表示も消えます。

また、アカウントを削除してから一定期間経つと一生アカウントを復活できません。そのため、何らかの理由でインスタグラムのアカウントを削除したい人におすすめの手段です。

ログアウトと一時停止の違い

ログアウトとは、インスタグラムアカウントを使用するのをやめることです。例えば、投稿やストーリーのハイライトを残しながらインアウタグラムの使用をやめるのに活用できます。

一方で、一時停止はアカウントを停止し、他のユーザーを非表示にすることです。例えば、アカウント削除したくないけど一時的に停止し、なおかつ他のユーザーに見られたくないときに活用できます。

ログアウトや一時停止、アカウント削除は若干ニュアンスが異なるので、意味がごちゃごちゃにならないように理解しましょう。

インスタグラムの退会する主な理由

インスタグラムを退会する主な理由は次のとおりです。

  • 受験や試験に集中するため
  • スマホの使用時間を減らすため
  • 精神的に疲れたため
  • 飽きてしまったため

インスタグラムを使用する人は、無意識に他のユーザーと自分を比較し、ストレスを溜めるケースが多いです。

また、受験や勉強に時間を費やすために、インスタグラムのアカウントを削除する人も少なくありません。

インスタグラムのアカウントの削除方法

ここでは、インスタグラムの削除方法についてご紹介します。

インスタグラムを削除する手順は以下のとおりです。

  • 消したいアカウントの「設定」から「アカウント」を開く
  • 「アカウント削除」を開き「アカウントを削除」をタップする
  • 必要事項を入力して削除の申請を行う

また、画像で説明しているので、削除方法がわかりにくい人は参考にしてみてください。

消したいアカウントの「設定」から「アカウント」を開く

インスタグラムの「設定」をタップしたら青枠の「アカウント」を開きましょう。

「アカウント削除」を開き「アカウントを削除」をタップする

アカウント削除の上に記載されている「アカウント利用解除」は一時的にインスタグラムを使用停止するのにおすすめの方法です。

必要事項を入力して削除の申請を行う

削除したいアカウントのパスワードを忘れた場合は、「パスワードを忘れた場合」をタップし、再設定しましょう。

インスタグラムのアカウントを削除したらどうなる?

インスタグラムのアカウントを削除後は、一定期間ログアウト状態となります。インスタグラムのアカウント削除はすぐにデータが消えるわけではありません。

アカウント削除を申請してから30日間の猶予があります。30日間の猶予中に再度ログインすることで、アカウントが復活できます。

しかし、30日間を過ぎるとアカウントが復活できないので注意してください。

インスタグラムのアカウントが削除できない原因と対処法

インスタグラムはアカウント削除ができないケースがあります。そのため、アカウント削除ができない原因と対処法をご紹介します。

インスタグラムのアカウントを削除したいけど、なぜかアカウント削除ができない人は参考にしましょう。

ログアウトやアンインストールだけで消去ができていない

インスタグラムのアカウントが削除できない1つ目の原因は、「ログアウトやアンインストールだけで削除ができていない」ことです。

インスタグラムのアプリをアンインストールしてもデータは残ります。また、ログアウトを利用した場合、インスタアカウントのデータから離れるだけなので、データは消えていません。

そのため、インスタグラムのアカウントを削除したい人は、ログアウトやアンインストールするのではなく、適切な方法でアカウント削除を行いましょう。

パスワードの入力ミスでアカウント削除ができない

インスタグラムのアカウントが削除できない2つ目の原因は、「パスワードの入力ミスでアカウント削除ができない」ことです。

インスタグラムのアカウントを削除する際は、対象のアカウントのパスワードを入力する必要があります。パスワードを入力しなければアカウント削除を行えません。

パスワードの入力ミスでアカウント削除ができない場合、まずはWebからインスタグラムへログインを行います。Webからのログインはパスワードが必要になるので、パスワードを忘れた人は、「パスワードを忘れた」から再度設定しましょう。

完全に消去されるまでログインをしている

インスタグラムのアカウントが削除できない3つ目の原因は、「完全に消去するまでログインをしている」ことです。

アカウントの削除はすぐに反映されるわけではありません。インスタグラムのアカウント削除申請を行ってから30日間の猶予があります。

そのため、削除されるまでの30日間にログインすることで、アカウント削除が取り消しされます。インスタグラムのアカウント削除を行うのであれば、30日間ログインしないようにしましょう。

インスタグラムのアカウントを復活させる方法

インスタグラムのアカウントを復活させる方法は、アカウントにログインすることです。

万が一、アカウント削除の申請をした人は30日以内であればログインするだけで復活できます。

また、アカウントの一時停止やログアウトはパスワードとユーザーIDの入力だけでインスタグラムを利用できます。

ただ、アカウント削除してから30日経っていると復活できないので注意してください。

インスタグラムのアカウントを削除する際の注意点

ここでは、インスタグラムのアカウントを削除する際の注意点についてご紹介します。

インスタグラムのアカウントを削除する際の注意点は次のとおりです。

  • 集客で利用している人は機会損失する
  • アカウントの「一時停止」と間違えないようにする
  • 削除から30日経過すると復元ができない

上記3つの注意点について詳しく解説しているので、アカウントを削除してから後悔しないように把握しましょう。

集客で利用している人は機会損失をする

1つ目の注意点は、「集客で利用している人は機会損失をする」ことです。

集客でインスタグラムのアカウントを利用している人が、アカウント削除すると売上に繋がるはずの顧客層から認知されません。

多くの業界や会社がインスタグラムによる集客やブランディングを行っています。また、インスタグラム自体がビジネスに対応できる機能が充実しています。

そのため、無料で集客やブランディングできるインスタグラムのアカウントを削除すると、認知していればサービスを利用してくれるのに機会損失です。

アカウントを作り直さず追えない場合以外は、試行錯誤しながらインスタグラムの運用をがんばりましょう。

アカウントの「一時停止」と間違えないようにする

2つ目の注意点は、「アカウントの一時停止と間違えないようにする」ことです。

インスタグラムはアカウント削除以外に、一時停止があります。一時停止は、アカウント削除と少しニュアンスが異なります。

アカウント削除とはインスタグラムからデータを抹消することですが、一時停止とはアカウントを一時的に非表示にすることです。

一時的な非表示では、他のユーザーから投稿やハイライトが見られません。また、一時停止は再度アカウントへログインすれば通常通りインスタグラムを利用できます。

そのため、受験や勉強に集中したい人に利用されることが多い機能です。

削除から30日経過すると復元ができない

3つ目の注意点は、「削除から30経過すると復元ができない」ことです。

インスタグラムの削除は、30日経過するとアカウントが復元できません。いざ、アカウントを削除したけど、後悔する人も少なくありません。

また、フォロワー数が多いアカウントであれば、再度フォロワーを増やすのに時間がかかります。

そのため、インスタグラムのアカウントを削除する際は、覚悟してから削除しましょう。

「インスタが伸びない…」とお悩みの方へ

店舗や事業におけるインスタ運用をしていると、  

  • なかなか集客につながらない
  • 競合店との差別化が難しい
  • インスタでは何を発信すれば伸びるだろうか

のように悩む方が多いのではないでしょうか?

インスタは誰でも簡単に始められる集客方法ですが、運用者のノウハウが足りずに伸び悩み挫折してしますことも珍しくありません。

一方で、インスタを伸ばす『勝ちパターン』を正しく実践できれば誰でもインスタアカウントを伸ばすことができます。

私たちはこれまで地域インスタ運用のプロとして、全国各地のアカウントをフォロワー1万人へと導いてきました。

※地域インスタ:『(地名)グルメ』や『(地名)観光』などの地域情報を発信するアカウント

もしも現状、伸び悩みを感じているのであれば、まずはこちらから私たちの『実績記事』をご覧ください。

まとめ

最後にこの記事で伝えたいことをまとめていきます。

  • インスタのアカウントを削除するとデータが全て消える
  • インスタグラムは削除してから30日間の猶予がある
  • 30日経過すると完全に復元できない
  • 一時的に使用をやめる場合は「一時停止」を利用する

インスタグラムのアカウント削除は完全にデータが消えるので、後悔しないよう注意してください。また、アカウント削除から30日間であれば復元できるので、アカウントが気になる人は再度ログインしましょう。

Marke Insightに無料相談をする

SNS・広告の運用は「Marke Insight」にお任せください!

法人を中心に、SNSの運用や各種広告の運用などwebマーケティングを包括的にサポートしているため、御社のお悩みに対しても事例に基づき最適なご提案をいたします。

下記のようなお悩みがある場合はお気軽にご相談ください。

  • 自社での運用に限界が見えてきて、プロにお願いしたい
  • 運用代行を頼みたいと考えているが、どの会社がいいか比較検討したい

貴社のご状況に合わせて、調整させていただきますので、ぜひお気軽に下記フォームよりお申し込みください。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

SNSマーケティングを中心にマーケの最新ノウハウをお届けするMarke Insight編集部です。YouTube~万人、TikTok~万人、Instagram~万人、ブログPV累計210万の実績から実践的かつ最新の情報をお届けします。

目次