TikTok運用代行おすすめの会社10選!メリット/費用/委託内容も徹底解説

スポンサーリンク

TikTokマーケティングでなかなか成果が出ずに困っていませんか?

  • TikTokマーケティングをどうやっていいのかわからない
  • いろいろと試してみたけど上手くいかない
  • 他の業務が忙しくて、手が回らない

TikTokマーケティングは、ただ闇雲にやっても成果は出ず、時間と費用だけがかかってしまいます。

そんな時はTikTok運用代行を、検討してみるのも有効かもしれません。

TikTok運用代行に任せることで、効率的な自社のPRが可能になります。

TikTokは日本のアクティブユーザーは950万人おり、他のSNSや動画配信アプリと比べてもトップクラスの影響力がある媒体へと成長しています。

そのため多くの企業がTikTokをビジネスで活用しており、TikTokマーケティングは企業の成長において重要であると考えられています

この記事では、Tiktokマーケティング・運用代行で実績のあるyadosがTikTok運用代行のメリット・デメリット、かかる費用、おすすめの運用代行会社などを解説していきます。

なんとかTiktokマーケティングで、成果を出したいと悩んでいる方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

TikTok運用代行とは

TikTok運用代行とは、SNSマーケティングの実績がある企業が、クライアントの代わりにTikTokアカウントを運用する代行サービスのことです。

具体的には

  • アカウントの方向性の提示
  • 企画の立案
  • 動画制作
  • TikTok広告の運用
  • フォロワーの対応

などを代行してくれます。

TikTokマーケティングはノウハウがなければ難しく、成果を上げるのは簡単ではありません。

TikTokマーケティングを行いたいと思っていても、手が出なかったり、成果を上げられずに悩んでいる方も多いと思います。

TikTok運用代行はそんな方におすすめしたいサービスです。

TikTokマーケティングのプロが運用してくれるため、確実な成果が期待できます。

TikTok運用代行を利用するメリット

TikTokの運用代行を依頼すると、どのようなメリットがあるのかご紹介していきます。

プロに依頼することで早く成果がでる

TikTok運用代行を依頼する最大のメリットは、プロにお任せできることです。

ノウハウなしで一からTikTok運用をすると、それなりの時間と労力が必要になり、成果を上げるまでに時間がかかってしまいます。

TikTokマーケティングのノウハウがない場合は、プロにお任せすることが成功への近道になると言えるでしょう。

TikTok運用代行会社は、TikTokでの実績に基づく経験とノウハウがあるため、より効率的かつ効果的にTikTokの運用を行ってくれます

また運用は自社で行いたいと思う方は、コンサルを依頼してみることもおすすめです。

コンサル会社にサポートをしてもらい、自分たちでTikTok運用をすることで自社にノウハウの蓄積ができます。

そのノウハウをもとにTikTokで成果を上げるだけでなく、他の新たなビジネスに応用できることもメリットになります。

インハウスで運用する手間が省ける

一からTikTokの運用を行うと、どうしても手間と時間がかかってしまいます。

TikTokマーケティング以外にもやるべき業務はたくさんあるかと思います。

そのためTikTokの運用代行をしてもらうことで、自分たちは他の業務に集中できます。

効率的に会社全体の業務を進めるためにも、代行会社に依頼することは費用対効果が高いと言えます。

人件費を削減できる

人件費を削減できることもメリットになります。

TikTokの運用は簡単ではありません。

リサーチ、動画コンテンツの作成、ブランディング、コメントの返信など業務内容は多岐にわたります。

さまざまな業務を行う必要があるため、SNSマーケティングに精通している担当者が必要になり、このような人材を獲得することは容易ではありません

また育成するにも時間と費用がかかります。

これら全ての業務を代行会社にお任せすれば、人件費の削減ができます。

TikTok運用代行を利用するデメリット

次にTikTok運用代行会社に依頼することのデメリットを紹介します。

コストがかかる

運用代行を依頼するデメリットは、コストがかかってしまうことです。

自社でTikTokを運用する場合は人件費だけで済みますが、代行会社に依頼するとなると依頼業務ごとに費用が発生します。

しかしコストがかかったとしても、効率的なTikTok運用をしてもらうことで得られるメリットも多くあります。

運用代行会社はノウハウを持っているため、効果的なPR活動ができます。

それによって売上や採用につながるのであれば、成功確率を上げるために一定の予算を投じることは必要であると考えられます。

費用対効果の点で考えると、TikTok運用を代行会社に依頼すること自体は、デメリットとは言えないかもしれません。

自社にノウハウが蓄積されにくい

自社にノウハウが蓄積されにくいこともデメリットになります。

先程もお伝えしたように、TikTok運用のノウハウが自社に蓄積されることはメリットになります。

代行会社に依頼するとそのノウハウが蓄積されないため、新たに他のビジネスを始める際に同じように苦労するかもしれません。

そのため代行会社に依頼する際は、代行会社から送られてくるレポートや、代行会社がどういったことを行っているかを分析して学ぶといった姿勢も重要になります。

TikTok運用代行のサービス内容

TikTok運用代行にはさまざまなサービス内容があります。

アカウント・コンセプトの設計

TikTokを運用する上で、アカウントをどのような方向性で運用していくか戦略を立てます。

企業の特徴やPRしたい内容に合わせて、目標を定めて進めます。

契約前の商談の段階で提案してもらえるパターンも多いので、何社か見積もりを取って一番良い提案をしてきた会社に依頼することがおすすめです。

動画コンテンツの企画~投稿

定めたコンセプトをもとに、動画の企画・作成・投稿を行います。

契約内容によって1ヶ月あたりの投稿本数や値段も異なるので、契約前に明確にしておくことが重要です。

また動画に起用するTikTokerも、運用代行会社が手配します。

人を起用すると、そのぶんコストが上がるので自社の担当者が出演したり、人が出演しないタイプのアカウント設計を行うことも可能です。

自社の予算感なども踏まえて、事前に共有しておくことでアカウントや動画作成時の食い違いがなくなります。

いいね・コメントの返信

投稿した動画に対するいいね・コメントの返信をします。

いいね・コメントの返信はフォロワーを確保するためには必要な業務です。

料金に入っていない場合もあるので、しっかりと確認しましょう。

また業務的に難しいものではないので、この部分だけ自社で担当する企業も多いです。

予算的な都合や顧客と直接関わりたい場合は、この部分だけ内製化することもおすすめです。

運用結果のレポート

投稿した動画の分析、考察、今後の方針など、運用結果をクライアントに報告します。

レポートは、分析の結果から得られた具体的な数値をもとに行われます。

分析の質や分析を踏まえた次の改善方法などを、しっかりとしてくれる企業かどうか確認しましょう。

せっかく依頼した以上、成果を出してくれる企業に依頼するべきなので、成果を出せそうな会社かどうかレポートの質を見て判断しましょう。

また自社でアカウントのインサイトを確認することも重要です。

詳しくはTikTok分析ツールおすすめ5選!ツール選定のポイントも紹介をご覧ください。

TikTok広告の運用

TikTokに掲載する広告の運用を行います。

広告運用は、コンテンツの拡散やフォロワーの獲得をする上で重要な要素になります。

基本的に運用代行と広告は別料金である場合がほとんどです。

広告の場合、広告予算の20%が代理店の取り分になり、残りの80%が広告費用として利用されます。

運用代行の場合、アカウントが伸びるには一定の時間を必要としますが、広告を利用することで短期的に成果を出すことが可能になります。

コンサルティング

コンサルティングの場合は、企業アカウントのプロフィールや投稿動画の内容に対してのアドバイスをしてくれます。

また今後TikTokを伸ばすための方針も提示してくれます。

提案を踏まえた上で改善するのは自社の担当者がやることになるので、具体的な提案をしてくれるコンサル会社を選ぶことが重要です。

TikTok運用代行にかかる費用はいくら?

TikTok運用代行は、依頼する業務範囲によって、かかる費用が変わってきます。

また依頼する企業の規模によってかけられる予算も変わってくるため、それぞれの企業に合わせて受ける支援内容を変えていきましょう。

依頼する側の企業の規模別に、かけるべき予算の目安と依頼する業務範囲は以下の通りです。

小規模企業
(フリーランスも含む)
中規模企業大企業
予算の目安5~20万円20~50万円50万円~
依頼する業務範囲運用のコンサルティング業務の一部を任せる業務の全てを任せる

それぞれ詳しく解説していきます。

規模企業(フリーランスも含む)の場合

小規模企業やフリーランスの方は、できるだけ費用は抑えたいですよね。

そのため代行会社にはコンサルティングを依頼し、運用自体は自分たちで行うやり方がおすすめです。

そうした場合、かかる費用は5〜20万円ほどです。

TikTokの運用をする人材は必要になりますが、費用を抑えながら、代行会社のアドバイスをもとに効果的にTikTok運用を行えます。

また自分たちでTikTok運用をすることで、社内にノウハウの蓄積ができることもメリットになります。

中規模企業の場合

ある程度の費用がかけられる中規模企業の場合は、TikTok運用に特化した人材を一人雇うつもりで、業務の一部を依頼するといいでしょう。

おおよその費用の目安は20〜50万円です。

TikTok運用のノウハウを身につけるのには、それなりの時間がかかります

一から育成する手間を考えれば、多少費用がかかっても代行会社に依頼することは効率的と言えます。

大企業の場合

大企業が運用代行を依頼する場合は、費用を抑えることよりもTikTok運用の成果を上げることが重要です。

全ての業務代行を依頼すれば、かかる費用の目安は50万円以上になります。

TikTokでのPRによる成果を考えれば、しっかりと費用をかけて企業イメージにあった質の高いTikTokアカウントを目指す方が、結果的には費用対効果は高くなります。

TikTok運用代行を依頼する際の注意点

TikTok運用代行を依頼する際の注意点を説明します。

TikTok運用代行の実績を確認する

代行会社を選ぶ上で一番重要なことは、代行会社のTikTok運用の実績です。

TikTok運用の実績がなければ、依頼しても期待する効果は得られません。

TikTok運用代行会社の多くが、自社のサイトに過去の実績を掲載しています。

どういった企業と取引しているかや、どういった内容の依頼を受けてきたのかは、事前に確認しましょう。

特に自社の事業領域と近いジャンルの運用実績がある会社は、前提となる事業理解ができているため、よりスムーズな運用が可能になります。

代行範囲が明確かどうか

依頼できる代行範囲もきちんと確認しましょう。

代行範囲の認識の違いは、トラブルの原因になりやすいので注意が必要です。

「後から追加料金を請求された」なんてことにならないように、どこまでの範囲でいくらかかるかは慎重にチェックしましょう。

料金が明確かどうか

料金体系がわかりやすい代行会社を選ぶのがおすすめです。

代行会社によって料金体系はさまざまあります。

料金体系がわかりにくいと、予算が組みにくかったり、適正価格かどうかが分かりにくかったりします。

そのため料金体系がわかりやすい代行会社を選ぶか、予算に合わせたサービスを提示してくれる会社を選びましょう

おすすめのTikTok運用代行会社10選

先程もお伝えしたように、TikTok運用代行会社を選ぶポイントは以下の3つです。

  • TikTok運用代行の実績がある
  • 代行範囲が明確かどうか
  • 料金が明確かどうか

この3つを踏まえて、おすすめするTikTok運用代行会社10選をご紹介します。

  1. yados
  2. Epace
  3. IIP
  4. プロバゲート
  5. メディアエイド
  6. PEACE
  7. REHATCH
  8. gracemode
  9. 冒険社プラコレ
  10. spicebox

それぞれについて詳しく解説します。

yados

合同会社yadosはTikTokを始めとした各種Webコンテンツマーケティングを得意とする会社です。

TikTokにて総フォロワー27万人を抱え、初回投稿で30万回再生を実現するなど、ユーザーに受ける動画を作ることができる企業です。

TikTok運用代行で結果を出したいと考えている企業には最適な企業と言えるでしょう。

yadosの強みとしては、

  • チーム制の運用によって担当者によるばらつきがない支援を受けられる
  • 企業のマーケティング施策全体から見て最適化したTikTok運用ができる
  • データ分析とそれを踏まえた改善を高速で行える

といったものが挙げられます。

ご相談したい方はまずは公式LINEから無料相談を受けてみましょう。

毎月限定3名様までとなっていますので、Instagramでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

Epace

株式会社Epaceは「誰しもがいいペースで働ける世界をつくる」をミッションに、SNSマーケティング、Web広告運用、SEO支援などを手掛ける総合マーケティングカンパニーです。
中でも、 TikTok支援には特に強みを持っており、TikTok LIVEを活用したライブコマースや、インフルエンサーマーケティングなど、CV(売り上げ)に貢献する施策を、立案から実行までサポートします。
Epaceのおすすめポイントは

  • アカウント立ち上げ~自社での内製化支援まで、クライアントのニーズに合わせた運用代行を提案
  • フォロワー数獲得はもちろん、売り上げまで意識した施策立案も可能
  • ライブコマースや、インフルエンサーマーケティングでも多数の実績がある

などの特徴があります。

詳しくは、株式会社EpaceのHPををご覧ください。

IIP

株式会社IIPは、Web広告運用サービスを中心に、Webサイト制作やSEO対策の支援など、お客様の事業課題に応じた様々なメニューを提供するWebマーケティング会社です。
数多くの業界・ジャンルでの広告運用経験があるため、クライアントに最も合う形での広告運用スタイルを導き出し、成果を最大化します。

IIPのおすすめポイントは、

  • 最低予算額:月額5万円〜(初期費用/運用手数料を除く)
  • 手数料:月額広告費の20%※下限5万円
  • 最低契約期間:1ヶ月

などの特徴があります。

詳しくは、株式会社IIPのHPををご覧ください。

プロバゲート

株式会社プロパゲートは、WEB領域におけるサイト制作や広告、マーケティングの支援を得意とする会社です。

自社でもTikTokアカウントの広告運用を行っており、月間500件にも及ぶお問い合わせを獲得しています。

プロパゲートのおすすめポイントは、

  • 自社アカウント広告運用により蓄積された実践型ノウハウ
  • 顧客獲得に特化したアカウント設計(【自社実績】問い合わせ数:500件/月、獲得単価:¥1,459円)
  • TikTok広告運用をはじめとし広告やサイト制作領域まで合わせて対応可能

などの特徴があります。

詳しくは、株式会社プロパゲートのHPををご覧ください。

メディアエイド

メディアエイドは、TikTokを初めとしたSNSマーケティングを得意とする会社です。
代表の九島氏自身が、TikTokで約36万フォロワーを抱えるインフルエンサーとして活躍しており、再現性の高いノウハウが確立されています。
メディアエイドのおすすめポイントは、

  • 160社以上の多種多様な業種業界での運用実績
  • 認知拡大や集客、採用強化などの企業課題にアプローチ可能
  • TikTok運用を初めとしたTikTok広告、Instagram運用やインフルエンサー起用など、ワンストップで対応可能

などの特徴があります。

詳しくは、株式会社メディアエイドのTikTok運用代行サービスの紹介ページをご覧ください。

PEACE

株式会社PEACEは、WEBやSNSマーケティングを総合的に支援することを得意とする会社です。

TikTokに限らずWEB/SNSマーケティングを熟知したメンバーによる成果重視の支援を受けられます。

PEACEのおすすめポイントは、

  • 初期費用0円、完全成果報酬型(上限金額あり)の成果にコミットする社内体制
  • TikTokを含めたWeb戦略の立案〜実行〜制作までをトータルサポート

などの特徴があります。

詳しくは、株式会社PEACEのHPをご覧ください。

REHATCH

REHATCH株式会社は、データの可視化、活用と 戦略設計・施策実行を掛け合わせた勝ち筋の創出を得意とする会社です。

蓄積したデータを元にCVに繋がる動画制作を強みにしており、支援開始後にCV数の最大化やCPAの最適化を実現しています。

REHATCHのおすすめポイントは、

  • TikTok for Business 認定代理店
  • 独自のTikTokクリエイターネットワークの構築によりTikTokを熟知したクリエイターを保有
  • TikTok広告のクリエイティブデータベースを保有
  • 大量の動画制作&PDCAサイクルを実行可能

などの特徴があります。

詳しくは、REHATCH株式会社のHPをご覧ください。

gracemode

株式会社gracemodeは、化粧品やコスメを中心としたブランドPRのためのトレンドに合わせたSNSマーケティングを得意とする会社です。
EMME(エメ)という総合コスメメディアを運営しており、トレンドのキャッチと発信に強みを持っています。

gracemodeのおすすめポイントは、

  • 自社で所有する総合コスメメディアで培ったSNSノウハウ
  • メディアと連動したSNSや広告運用、インフルエンサー施策をワンストップで提供
  • 最新トレンドをキャッチしたプロ視点の施策提案

などの特徴があります。

詳しくは、株式会社gracemodeのHPをご覧ください。

冒険社プラコレ

冒険社プラコレは、複数のブランドやメディアを運営するマーケティングを強みとする会社です。

『PLACOLE&DRESSY』というウエディングブランドをはじめ複数のブランドやメディアを保有しています。

プラコレのおすすめポイントは、

  • 総フォロワー数92.7万人にも及ぶ自社SNSアカウントの運用実績
  • ブライダルやコスメ、アパレルなどF1層に向けたメディアを複数運営しており、最新トレンドに詳しい
  • ショート動画専門の戦略室を設置し、SNSのプロたちから支援が受けられる

などの特徴があります。

詳しくは、冒険社プラコレのHPをご覧ください。

spicebox

spiceboxは、顧客インサイトを起点にデジタルマーケティングをワンストップで支援するコミュニケーションカンパニーです。
博報堂グループとしての統合マーケティングにおける知見を活用し、ソーシャル起点での顧客のブランドリフトに貢献します。

spiceboxのおすすめポイントは、

  • TikTokに限らず独自のソーシャルビックデータから生活者のインサイトを捉えたコミュニケーション設計が可能。
  • 戦略立案から実行までをワンストップで支援し、ブランド認知や利用意向を向上できる。
  • 博報堂グループの統合マーケティングにおける知見やデータを活用した支援が受けられる。

などの特徴があります。

詳しくは、spiceboxのHPをご覧ください。

TikTok運用代行まとめ

最後に本記事で伝えたいことをまとめていきます。

  • TikTokマーケティングに悩んでいるなら、運用代行会社に相談する
  • 費用予算と自社の状況に合わせて、代行サービスを活用する
  • 依頼する前に代行会社の実績・料金・代行範囲を確認する

TikTok運用代行は、SNSマーケティングを得意とする会社が、企業に代わりTikTokの運用をするサービスです。

運用代行を導入することで、時間や無駄な費用を省くことができ、効果的なマーケティングを行えます。

この記事を読んでTikTokの運用代行に興味を持った方は、まずは気軽にお問合せしてみてはいかがでしょうか。

Marke Insightに無料相談をする

SNS・広告の運用は「Marke Insight」にお任せください!

法人を中心に、SNSの運用や各種広告の運用などwebマーケティングを包括的にサポートしているため、御社のお悩みに対しても事例に基づき最適なご提案をいたします。

下記のようなお悩みがある場合はお気軽にご相談ください。

  • 自社での運用に限界が見えてきて、プロにお願いしたい
  • 運用代行を頼みたいと考えているが、どの会社がいいか比較検討したい

貴社のご状況に合わせて、調整させていただきますので、ぜひお気軽に下記フォームよりお申し込みください。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

SNSマーケティングを中心にマーケの最新ノウハウをお届けするMarke Insight編集部です。YouTube~万人、TikTok~万人、Instagram~万人、ブログPV累計210万の実績から実践的かつ最新の情報をお届けします。

目次